荏原七福神について

荏原七福神 布袋尊 荏原七福神は、東はJR大井町駅に近い、大井蔵王権現神社に祀る福禄寿から、第二京浜・中原街道を越えて 西へ、摩耶寺の寿老人、小山八幡神社の大国天に到る、約六粁にわたり連なっております。
いずれも武蔵国荏原郷の歴史と伝統を今に伝える、由緒ある七社寺に祀られており、その中程にある当養玉院は 、「布袋尊」を安置してその一翼を担っております。

七福神は古来から庶民の間に育まれたもので、その起りは仏教とともに伝来した印度や中国の神々が、日本の 神仏と混ざり合って、古代の数々の信仰とも結びつき、日本人好みの七人の神―七福神になったものといわれます。 従って七福神は実在の人物というより、日本人の記憶の底にある姿と伝説によって伝承され、長い年月の内に 形造られたものと言えましょう。

七福神信仰は室町時代に始まり、個人の幸福を求めた泰平の世の江戸時代に栄えましたが、神仏混淆の時代のことで、 祀られているのは神社、仏閣にわたっております。 七福神詣りは正月の七草までに詣れば、その年は七難を免れ七福が得られるといわれ、毎月七の日に参るのも良いと されております。 ちなみに、布袋尊は寛容で福寿財宝をもたらすといわれます。
荏原七福神案内図